製品について

HELOについて – ヒーローについて

投稿日:2018年6月11日 更新日:

Heloの種類

Helo(ヒーロー)は、 米国ワールド・テクノロジー・コープ社(以下「ワールド社」と表記します。)が開発・製造し、ワールド社の子会社であり、ワールド社製品の独占的マーケティング・販売パートナーである米国ワールド・グローバル・ネットワーク社(以下「WGN」(ワゴン))から供給されるリストバンド型ヘルスケア・ウェルネス向けウェアラブル・デバイスのブランドです。

Helo スマートバンドには、現在(2018年6月)販売中のHelo LX、Helo LX+(エル・エックス・プラス)の他、Heloブランド初(ワールド社としては、電磁波カット・シール「BioZen+」がEUのクラス1医療機器(class1 medical device)として2018年に登録されています。)の医療機器となるHelo LX Pro及び次世代スマートバンドであるHelo 2の試作機が2018年1月の国際家電展示会「インターナショナルCES」ショーで発表されています。
Helo LX Proは、スマートバンドの機能としてはHelo LX+と大きく変わることはないようです。提供時期は発表されていませんが、米国で医療機器を販売するために必要なFDA(Food and Drug Administration、食品医薬品局)の510K認証を取得するための申請が予定されており、510K認証取得後に医療従事者向けに販売されるものと思われます。
血中アルコール濃度も測定できるHelo 2は2019年中の販売が予定されています。

その他のデバイスとしては、非侵襲性血中糖量推移(詳細は後述)を高精度で推定するためのHelo extenseがあります。

Heloで何ができるのか?

Helo スマートバンドで測定されたデータは、iOSまたはAndroid OS搭載のスマートフォン(総称して「スマートフォン」と表記します。)にインストールされたHelo向け専用アプリにBluetooth通信により転送され、アプリ上で処理・表示・記録され、インターネット経由でワールド社のデータ・ベースに転送されます。したがって、Heloを使用するためには、IoT対応の次世代機Helo 2が登場するまでの間は、Bluetooth接続可能かつインターネット接続可能なスマートフォンが必須です。インターネット接続はWi-FiでもLTEによるモバイル・データ通信のいずれでも構いません。

Heloアプリは、Helo App Store、Apple App StoreまたはGoogle Playストア(アプリ・ストア)で購入・インストールできます。インストールしたアプリが起動しない場合は、スマートフォンがインターネット接続できる状態であることを確認してください。

※アプリはアプリ・ストアから削除される場合があります。iPhone用Heloアプリは、現在(2018年6月1日)日本のApple App Storeから削除されており近々配布中止されること、その代わりに新しいmyHELOアプリが配布されることが予想されます。myHELOアプリに関しては配布開始され、詳細判明後に紹介することを予定しています。

Helo スマートバンドは、ワールド社のHeloアプリを使用している場合には、以下の測定(高精度の推定も含む)機能が利用できます。

  • 心拍数(Heart Rate)
  • 呼吸数(Breath Rate)
  • 気分/エネルギー(Mood/Energy)
  • 歩数/歩行距離/消費カロリー(Step)
  • 睡眠時間/睡眠の質(Sleep)
  • プラグインにより提供される項目(Plugin Capability)

心拍数、呼吸数、気分/エネルギーについては、計測時または健康プランメニューで指定した時間毎の結果を表示します。
歩数/歩行距離/消費カロリーは、当日のその時間までの結果を自動的に集計して表示します。
睡眠時間/睡眠の質は、前日の結果を表示します。

Heloアプリは、測定以外にも下記の機能を提供します。

健康プラン

自動測定する間隔を30分、45分または120分から指定します。

遠隔監視・見守り機能

We Care、SOS、ガーディアンの各機能は、Heloだけが実現している遠隔監視・見守り機能です。

We Care

家族や大事な人の誰か一人の健康状態を遠隔地であっても監視すると同時に自分の健康状態を家族などの誰か一人に監視させます。監視対象項目は、心拍数、血圧、心電図、睡眠の時間と質、歩数、呼吸数、気分/エネルギーから監視対象者が許可した項目になります。監視できる人数はHelo Proプランを購入すると最高20人まで追加できます。

SOS

Helo スマートバンドのボタンを2回連続して押すとあなたに緊急事態が発生したことをHelo スマートバンドのGPS測位情報も合わせて家族などの誰か一人のスマートフォンにSMまたはEメールで通知します。この場合、Helo スマートバンドのボタンを「パニック・ボタン」という場合があります。通知できる人数はHelo Proプランを購入すると3人まで追加できます。

ガーディアン

自分の血圧、心拍数、呼吸数に異常が生じた場合に自分、SOSの通知先またはWe Careのフォロワー(あなたを見守っている人)のスマートフォンにSMまたはEメールで通知します。

拡張する機能

Heloアプリの他にも米国Heka Corporation社のHeka(「ヒーカー」と読みます。)、Heka+(「ヒーカー・プラス」と読みます。)などが利用可能です。Hekaを使うと、Heloの項目に加えて以下の測定(高精度の推定も含む)機能が利用できます。

  • 血圧 (収縮期・拡張期)
  • 心電図(【英】ElectroCardioGram〔【略】ECG〕、【独】Elektrokardiogramm〔【略】EKG〕)
  • 心臓のチェック

Heka+を使うと、Hekaの項目に加えて以下の測定(高精度の推定も含む)機能が利用できます。

  • 被爆紫外線量(UV)
  • 血中酸素濃度(Oxygen)

Helo extenseデバイス及びHelo extense専用ソフトウェアSUGAR TRENDを別途追加購入すると、以下の測定(高精度の推定も含む)機能が利用できます。

  • 非侵襲性血中糖量推移(SUGAR TREND)

非侵襲性(ひしんしゅうせい)とは生体に危害を与えない、すなわち採血不要という意味です。血中糖(グルコースすなわちブドウ糖)量とは血糖値の意味です。ワールド社では、規制対策のため「血糖値推移」と呼ばず「(blood)SUGAR TREND」〔(血中)糖量推移〕と呼んでいます。

Helo extenseは、指先に装着し、Helo スマートバンド及びSUGAR TRENDソフトウェアと組み合わせて使用する必要があります。Helo extenseは、SUGAR TRENDにバンドルされて提供されます(したがって、SUGAR TRENDソフトウェアを購入すれば、Helo extenseデバイスは送料以外実質無償で入手できます。)。

2019年の提供が予定されている次世代機Helo 2では、 以下の測定(高精度の推定も含む)機能が利用できます。

  • 体温
  • 血中アルコール濃度

Helo 2はまた、測定以外の機能として以下の機能を提供します。

  • 蚊よけ機能

蚊が恐れる人には聞こえない高周波を発生させることで蚊が近寄ることを防止します。主にマラリア感染の防止を目的とした機能です。

-製品について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

xfinityLogo

ヘルス&ウェルネス・テストについて

Xfinity社の「The Health and Wellness Test」ページの対訳になります。  ”http://www.xfinityla …

SmartLifeSolution

No.2 SmartLife Solutionについて – スマートライフ ソリューションについて

SmartLife Solutionは、DNA – 遺伝子に基づくヘルス&ウェルネスの改善・管理を目指すソリューションであり、従来のLifeLogのアップグレード版に相当すると考え …

xfinityLogo

ドラッグセンシティビティテストについて

ドラッグセンシティビティテストについて Xfinity社の「The Drug Sensitivity Test – 薬剤感受性テスト」ペー …

Vyvo Logo

WGNが新ブランド「Vyvo」を発表

2018年10月31日のWorld TechnologyからHelo Corpへの社名変更から3ヶ月半を経て、WGNが新ブランド「Vyvo」を発表しました。2019年3月18日現在 …

xfinityLogo

SmartLifeNutraPakについて – スマートライフ ニュートラパックについて

SmartLife Solutionの3つの構成要素の1つであるSmartLifeNutraPakの説明をしているXfinity社のサイト(”http://www.xfinitylab.c …

お問い合わせはライン@でも受付しています。お気軽にどうぞ。